矯正歯科
審美歯科

 矯正治療について
自分の歯で一生咬めるようにするためには、虫歯や歯槽膿漏にならないように日頃の注意(歯みがきの励行・定期検診)が必要です。現在では、食生活の変化により顎の発育が悪くなるため、歯の重なりが出やすく、不正咬合が多くなってきています。

不正咬合ですと、良く歯みがきをしても、虫歯や歯槽膿漏になりやすく、物を良く咬めません。また、心理的にもコンプレックスをもちやすく、心身の発育に悪い影響を及ぼします。矯正治療を行って、美しい笑顔ときれいな歯ならびになり、心身ともに健康になっていただきたいと思います。



 矯正歯科治療例

● 受け口 ●

受け口

上下の咬み合わせが逆になっている状態。下の歯だけ前方に傾斜している場合と、下顎自体 が前方に発育している、又は上顎が後方に引っ込んでいるなど等の骨格性のものもあります。


● 開咬 ●

 開咬

奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない状態。また、発音に問題が生じること もあります。指をしゃぶっていたり、舌を出す癖があったり、口で呼吸を続けていたりする事などから起こります。

● 乱くい歯 ●

乱くい歯

でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯などのことを言います。 歯と小さくなったあごの大きさとの不調和が原因とされており、歯ブラシの毛先が届きにくいために、長い間に虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすくなります。


 矯正治療の流れ

[step1] 精密検査
より詳しい情報を知るための検査として、診断に必要な歯の型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、その他の診断用資料の検査を行います。 口を拝見し矯正治療の概略や可能性についてご説明します。納得のいくまでご相談ください。

次へ

[step2] 診断
検査結果をもとに治療プランを詳細にお話いたします。患者様に十分なご説明をさせていただき、患者様のご希望をお聞きした上で適切な治療方針を決めていきます。診断の結果にご納得頂いた上で受診されるかどうかをご判断いただきます。初診時にカウンセリングを行います。検査と治療方法の計画を立て、詳しくご説明いたします。

次へ

[step3] 装着
一般的に初めの数回は装置を取り付けるため、 少なくとも60分~120分ほどのお時間をお取りしています。

次へ

[step4] 治療開始
治療の内容によりますが、(症例の内容や個人によって異なりますが、 成人の場合1.5~2.5年かかります)その後の調節は、ほとんどが30~50分程度となります。 通常は3~6週間に1回のペ-スで通院が必要となります。経過観察期間は2~6ヶ月に一回となります。

次へ

[step5] 保定治療
装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置を装着します。通院は2~6ヶ月に1回となります。

▲ページTOP


(c) あきデンタルクリニック